孫のような存在。

孫のような存在のモモココちゃん。

momokoko.jpg

今から約3年程前。
小さなアポートで1人暮らしのおばあちゃん宅。
虚勢も避妊もしていないシュナウザーとトイプーを孫が置き去りにした。
気がついたら14ぴきの犬で溢れにっちもさっちも行かない。体調も悪く近々病院に入らなけばならない。
14ぴきの犬たちをどうしたらよいかわからない。近くに居るはずの家族は関係ないの一点張り。

と、友人伝いにHelp連絡があり、すっとんで行った。
到着した時には、4ヶ月未満の子犬達は孫娘がペットショップに売りに行った(驚!)らしく、
8ヶ月前後の4ぴき、ご近所さん引き取り予定の2ぴき、親犬のシュナウザーとトイプー計8ぴきが
楽しそうに狭い部屋の中をテーブルから箪笥へ。箪笥から宙吊り布団へ。まるで猫のように飛び回っていた。
食事は白米にインスタントラーメンのお汁をかけたもの。身体中ノミだらけの毛玉だらけ。
でも、おばあちゃんの事が大好きなでみんな競って甘えていた。

引き取り手の決まっていない4ぴきは明日保健所に連れて行くという。
4ぴきとも連れ帰る。
道中、ものすごく不安気な声で泣く、白米を吐くを繰り返す。
病院に直行して、最低限の診察とレボリューションをもらい、
ピーピーヒーヒーいいながら、4ぴきまとめてシャンプー♪
みんなとっても可愛い。4ぴきギュッと折り重なって寝る。
首輪なんて初めて。リードも恐い。お散歩はオロオロ。
我が家のワン達は警戒して近寄らず。

4ぴき共、あっという間に里親さんが決まり、
みんなとっても温かい家庭で温々と過ごしている。
ほんの数週間しか我が家にはいなったのだけど、何だかものすごく愛しい。

このモモココちゃんもその時の子。
2ぴき姉妹(たぶん)で引き取って下さって、犬煩悩なご両親と優しいお姉ちゃまの中で幸せな毎日。

モモちゃんは誰よりもぼっちゃりしていて、我が家に居た時はぽっちゃりさんと読んでいた。
新しいお家に行って一ヶ月も立たないある日。
ぽっちゃりさんのお腹に赤ちゃんがいる!という、
びっくりたまげる報告があり、、、申し訳ないやら、腹立たしいやら、、。
月齢まだ1歳行かないと聞いていたのに、妊娠していた。しかも初産ではないとの事。
モモちゃんごと引き取る(返す)つもりでいたのだか、
お腹の赤ちゃんごと引き取りたいとおっしゃって下さって、
今ではモモココ+ノノちゃんの3ぴき暮らし。
不幸中の幸いと言っていいのかわからないけど、赤ちゃんは1ぴきだけだった。
生まれてきた赤ちゃんはシュナウザーでもなくトイプーでもなく、
なんとなくダックスとヨーキーのmixのような、、、。
しかも、怪獣のようにパットがデカイ!一体何犬が入っているのやら。
ノノちゃんは私にとっては曾孫!
momonono.jpg


おばあちゃんのお家から4ぴきを連れ出した時、おばあちゃんは泣いていたけど、
少しだけ嫌悪感があった。
おばあちゃんにとっては、大切な家族たちだったのだろう。

でも、ワクチンや狂犬病も打った事なく、外に出たこともなく、
近親相姦で増え続けた犬たち。

命の責任、重さをもっと深く考えて欲しかったな。

この時はたまたま、
みんな、素敵な家族と縁があって、
家族にとっても犬たちにとっても、本当にかけがえのないパートナーとなったけど、
一歩間違うと冷たい床で殺処分されてしまっていたかも知れないのだから。


いずれにしても、この時の4ぴきは、
私にとっても家族なのだな。
こうして、お店に遊びに来てくれると、もんのすごく嬉しいのです。

モモココノノちゃん。また来てね♡





チリチリことリックは葉山のスポーツ兄弟の中でハッスル中。
のびちゃんは葉山のしっとりとしたお蕎麦屋さん『茶や辻』の坊ちゃんに。

家族になって下った皆々さま。
心より感謝申し上げます。






またまた嬉しい贈り物

風が気持ちいい毎日。

お店の中は珪藻土のおかげで、とてもひんやりしています。

一周年記念に、
とっても素敵な写真集を頂きました。

OPENしてから、ご来店の度に撮りためて下さった写真を、
優しい色でまとめて下さった一冊です。

じ〜ん。。。

一年前の風景がものすごく昔のように感じます。
mi3-2.jpg

一枚一枚、本当に綺麗な写真。
この写真をめくりながら、しみじみ一人でお酒が飲みたい。

大切にしたいと思います。



mi3-5.jpg
更に、ずっと欲しかったサンキャッチャー。
こちらも、おなじみの皆さまに頂いてしまいました。

ドロップみたいな光がお店の中をチラチラと〜を
期待してましたが、意外と中まで光が届かない。
冬になったら、入って来てくれるかも。

でも、テラスの中でキラキラゆらゆら。
癒されます。


いつもいつも、温かい心遣いをありがとうございます。


そして、たくさん方にいろ〜んな心配やらフォローやら、、、。
有り難いなぁ。と思う毎日。


心の底から感謝したい今日この頃なのであります。





mi3-4.jpg
パパさまのおひざで、ねむねむ。は〜ちゃん。

mi3-3.jpg
まんまるおメメ。
私のひざでがまんのふ〜ちゃん。






昨日も遠〜くから、
鵠沼までお越し下さいまして、
ありがとうございました。
写真集、初心に戻ります。
頑張らないと行けない時、
ちょっと折れそうな時、
なんだか嬉しい時、
日々眺めたいと思います。

Deeply thanks♡






NATTY

DOG MANのNATTY。
看板犬というより、DOG MANそのもの。

12年と少し前。
イヌの雑誌をパラパラめくっていたら、
見たことのないもこもこふわふわのイヌ。

『プードル』!?
それまで知っているプードルとは全く別のイヌ。

わぁ〜。かわいい。

当時ダルメシアン柄のPOPな店構えのDOG MANへ、
ワクワクしながら出かけた。

こじんまりとしたスペースに、
もこもこNATTYやHARRYが当たり前のように居る。

その空気感やイヌとの距離感を素直にいいなぁ〜と感動したのを覚えている。

DOG MANにいるイヌ達の幸せな笑顔とそこで働くスタッフの笑顔。
彼らの無邪気な笑顔は訪れたヒトの気持ちを癒してくれる。

行くたびに、私のお店に来てくれた方もこんな気持ちになってくれるといいなぁ。
と、思う。

その甘すぎない柔らかな空気感のベースを作ったのは、
初代の看板犬NATTYやHARRYだったのだと思う。

そのNATTYがたくさんの大切な時を残して、旅立った。




江頭さんが、NATTYへの想いを書いている。

温かく、優しさに溢れている。





NATTY。
DOG MANに繋げてくれてありがとう。
またどこかで会えるよね。



++
江頭さん。
たくさん悲しんで。たくさん思い出して。
きっとものすごくぽっかり空いちゃってるよね。


一時代が終わり、新しい時代が始まるね。
これからのDOG MANも楽しみにしています。

ボチボチね。




スクリーンショット 2012-08-05 18.27.20
NATTY、ありがと。






dog bless you.








ささやかなお手伝い

なかなか減らない保護される(されない)イヌネコたち。

保健所に入れられているイヌネコ達を見ると切なくて、
どうしようもないです。
全員を助けてあげられる訳でもなく、
お世話すらしてあげられない。

日々、イヌネコの為に一生懸命に時間を使って方たちがたくさんいらっしゃいます。

葉山のお店にも、そしてここクゲヌマのお店にも、
保護活動に携わっていらっしゃる方たちもいらして下さって、
毎回色んなお話をしてくださいます。

私は時間や身体を使ってお手伝いする事はとても難しいので、
お店で出来る事を。
パンフレット、募金箱の設置。
チャリティーセール(コストを除く、利益を寄付)の定期開催予定(7月末)。
あたりから、ボチボチと始めたいと思います。


星の数ほど保護団体さんはありますが、
とても近い存在の、『KDP』さんと『ちばわん』さんへ
まずは協力できたらと思っています。


kdp.jpg
レジ前にあります。
ちゃりちゃり〜んと。
お願いいたします。

kdp2.jpg
読み物としてもとても深いパンフレットです。


個人的には、
イヌやネコとの出会いは『縁』そのもの。
ブリーダーさん、ペットショップ、お友達、そして保護団体、、、。
どこで出会っても、お互いが幸せならば、それでいいと思っています。
○○ではならない、という極端な思想はありません。
偽善的になるのも避けたい所です。

ただ、ヒトの都合で殺処分されてしまうイヌネコたちが
いつかは0になる事を願っています。
願っているだけでは、きっと何も変わらないので、
保護イヌネコの存在を知って頂く事からでも。
と思っています。


KDP出身
kdp4.jpg
はなちゃん。
センターから出されて当初は全くの無表情。
虫のような子でした。今ではなかなかの美人ちゃん。

KDP出身
kdp3.jpg
少しだけ田舎っぺなスマイルのみいこ。
愛くるしい笑顔が撮れてないのが残念。
度重なる出戻りを経て、やっとセレブぅな飼い主さんが決まるかもの大事な時期。

ちばわん出身
ちば1
クールな澄ちゃん。
でも以外とひょうきんだったりする。

ちばわん出身
ちば2
妙ちゃん。
澄ちゃんをお手本に、、、おちゃめさん。

ちばわん出身
ちば4
リノボノくん名コンビ。
リノくん命のボノくん。
ママ大好きのリノくん。

みんなみんな、幸せ笑顔です。



そして、我が家のワンコたちも、センターに送らてしまう事態が起こるかもしれない。
という事を意識しなくてはいけないのだと、知りました。
それは、私たち家族が不慮の事故で突然この世から消えてしまうかもしれない、、
消えないとは限らないという事。
自分たちは大丈夫だと思っていても、確証はない。

センターに連れて来られる子達の中には、
捨てられただけではなく、飼い主さんが亡くなられた、
という子が意外と多いのだそうです。

自分たちの年齢に関係なく、
もしもの時に、引き受けてくれるように家族に話をしておこうと思うのでした。

人間の子どもはセンターと名の付く所に預けられても
殺処分はされないけど、イヌネコは違うもんね。

ナジャコボ2


















ƒ