NATTY

DOG MANのNATTY。
看板犬というより、DOG MANそのもの。

12年と少し前。
イヌの雑誌をパラパラめくっていたら、
見たことのないもこもこふわふわのイヌ。

『プードル』!?
それまで知っているプードルとは全く別のイヌ。

わぁ〜。かわいい。

当時ダルメシアン柄のPOPな店構えのDOG MANへ、
ワクワクしながら出かけた。

こじんまりとしたスペースに、
もこもこNATTYやHARRYが当たり前のように居る。

その空気感やイヌとの距離感を素直にいいなぁ〜と感動したのを覚えている。

DOG MANにいるイヌ達の幸せな笑顔とそこで働くスタッフの笑顔。
彼らの無邪気な笑顔は訪れたヒトの気持ちを癒してくれる。

行くたびに、私のお店に来てくれた方もこんな気持ちになってくれるといいなぁ。
と、思う。

その甘すぎない柔らかな空気感のベースを作ったのは、
初代の看板犬NATTYやHARRYだったのだと思う。

そのNATTYがたくさんの大切な時を残して、旅立った。




江頭さんが、NATTYへの想いを書いている。

温かく、優しさに溢れている。





NATTY。
DOG MANに繋げてくれてありがとう。
またどこかで会えるよね。



++
江頭さん。
たくさん悲しんで。たくさん思い出して。
きっとものすごくぽっかり空いちゃってるよね。


一時代が終わり、新しい時代が始まるね。
これからのDOG MANも楽しみにしています。

ボチボチね。




スクリーンショット 2012-08-05 18.27.20
NATTY、ありがと。






dog bless you.








スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Comment Form
公開設定

ƒ

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)