『犬のためのフィトセラピー Level1』講座開催のお知らせ

当店では、すっかり定着しつつある、ハーブ犬
犬たちの健康維持と病気になりにくい身体作り、
そして疾患が出てしまった後のリカバリー力のUPに、
間違いなくサポートしてくれているハーブ。

ハーブというと、
なんだかコジャレちゃって〜的な、
マダムが気取ってハーブtea的な、
イメージを持たれる方もまだまだいらっしゃるとは思いますが、
犬、人間=動物
ハーブ=植物

この美しき地球に意味があって生息している植物を、
必要なタイミングで動物が頂く。
ただ、それだけの事。

シンプルに素直に取り入れるだけで、
こんなにも、サポートしてくれるのか!
と驚かされる事が多々あります。

この機会にぜひぜひ、多くの方に知って欲しいと思っています。



堂山ゆうこ先生『犬のためのフィトセラピー LEVEL1』の講座を開催していただきます。


今回は
<鎌倉駅前店/火曜日クラス><西鎌倉店/日曜日クラス>
両店舗での開催です!


■時間/13:00〜16:30:90分 ※両店舗共通

■定員/6名様:満席になり次第締め切らせていただきます

■回数:全8回(一日に2レッスン)

■日程
<鎌倉駅前店/火曜日クラス>
2016年 11/15、12/13
2017年 1/17、2/14


<西鎌倉店/日曜日クラス>
2016年 11/13、12/11
2017年 1/15、2/12


  
■受講料:4,000円(実習費別途)/1レッスン
 (1日に2レッスン開催のため1回 8,000円/2レッスンとなります)
  実習費:500~2,000円/レッスン

■お申し込み:電話またはメールでお願い致します
<電話>
月〜木曜日/0467-84-9013 (11:00〜18:00)
金〜日曜日/0467-38-7938 (11:00〜18:00)
<mail>
pas_a_pas_h@me.com


ハーブ療法=フィトセラピーとは→
ゆうこ先生のHPを参照ください。


LEVLE1の詳細

【Lesson1】 犬へのホリステックケアについて
1. ホリステックケアについて
2.犬へのハーブ概論(ハーブの歴史・メディカル分野へのハーブ)
4. ハーブの作用と利点
5.ハーブの安全性について
◎実習:美味しいハーブティーの入れ方
(材料費500円)

【Lesson2】 犬にやさしい基本のハーブとアロマテラピー
1. 犬の健康に役立つ基本的なハーブ12種類の働きと効果
2. 犬へのハーブの使用法
3. 内用法(飲む・食べる)と外用法(コンプレス・リンスなど)
4. 犬への安全なアロマセラピーについて
◎実習:愛犬うっとりのハーブコンプレス(ハーブを使った温湿布)
(材料費 500円)

【Lesson3】 免疫系をサポートするハーブとケア
1. 犬の免疫系について(メカニズム)
2. 免疫系のトラブル
3. 免疫系を整えるために役立つハーブ
4. 予防とケア
5. 健康維持に役立つハーブとケア
◎実習:愛犬のご飯に加えるハーブミックスを作ろう
(材料費800円)

【Lesson4】 シニア犬のためのハーブとケア
1. シニア犬の体について
2. シニア期に大切なこと
3. 起こりがちなトラブル(関節・循環器・肥満・心のケア)
4. シニア犬に役立つハーブ
5. 予防とケア
◎実習:家庭でできるリラクゼーションマッサージ

【Lesson5】 健康な皮膚のためのハーブとケア
1. 犬の皮膚について(メカニズム)
2. 皮膚のトラブル
3. 皮膚の健康に役立つハーブ
4. 予防とケア
◎実習:ナチュラル素材だけで作るレスキュークリーム
(材料費 1,800円)

【Lesson6】 消化器のためのハーブとケア
1. 犬の消化器について(メカニズム)
2. 消化器のトラブル
3. 消化器の健康に役立つハーブ
4. 予防とケア
◎実習:愛犬と一緒に毎日の食事にプラスできるハーブオイル作り
(材料費1,800円)

【Lesson7】目と口腔環境の健康維持のためのハーブとケア
1. 目の健康について
2. 目のトラブルの予防とケア
3. 口腔ケアについて
4. 口腔トラブルの予防とケア
◎実習:ハイドロゾルを使ったオーラルケアウォーター
(材料費 1,800円)

【Lesson8】心と身体をケアするハーブの力
1. ヒルトンハーブ社のハーブミックスの説明
2. ケーナインヘルス11種類の選び方
3. 心のケアに役立つバッチフラワー
4. レメディの選び方と使い方
◎実習:バッチフラワーの愛犬にぴったりなトリートメントボトル作り
(材料費 1,000円)






スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Comment Form
公開設定

ƒ

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)