生肉食のススメ!

イヌのご飯。
何を食べていますか?

パザパでは、馬の生肉食をおススメしています

『なぜ、生肉食なのか!』
イヌの健康の元となる食事について、意外と知らない、知って欲しい、
そして、出来るだけ病気になり難い体質を持つがイヌが増えて欲しい。
と心の底から願っています。

今回は、当店へ馬生肉食の素晴らしさを教えてくれた、
平和商事の井上氏に来ていただいて、
イヌの体の根本的な構造から食事について、
なぜ生肉食を進めるのか、詳しく説明して頂きます。

もちろん、質疑応答、相談、などなど
気軽にディスカッションしたいと思います。

日時:3月23日(日曜日)
    AM10:00〜12:00ごろまで(約2時間)

参加費:1,800円/お茶付き
   (当店でご飯を購入して下さっている方は800円)

定員:8名さま(定員になり次第、締め切らせていただきます)

内容:イヌの体の構造
   必要な栄養素
   生肉食から得られるもの
   ご飯のあげ方
   個別相談
   他
    
申し込み:お電話/0466-54-9692
メール/pas_a_pas_h@me.com
※お車でお越しの際はお申し込み時でお申し出ください。


A3.jpg



イヌのご飯の事を考えるきっかけになりますように。
皆さまのご参加をお待ちしております。





40年程前、私が子ども頃一緒に暮らしてイヌは、家族と同じご飯を食べていました。
残りご飯とも言いますが、ご飯にお味噌汁にお魚の骨だったり、お肉を乗せてもらったり、
毎日のご飯は人用に作ったご飯のお裾分け的な食事でした。

20年前、私が社会人になり『自分のイヌ』として一緒に暮らしはじめた時、
ペットショップの方から、
「このDOG FOOD以外はあげてはいけません。
ましてや、人間の食べ物なんてあげたら病気になります。
おやつは犬用のものにしてください。」
と、念押しされ頑なに律儀にDOG FOODをあげて来ました。
犬用…それとはなんぞや、それがどれだけ犬に良いのか?
何も考えずにあげていました。

5〜6年程前、やっとその洗脳から解き放たれ、
本来、イヌにとってというかヒトにとっても、
適した食事、必要な食事、病気になりにくい体を作る為には、、、
という事を真剣に考えるようになりました。
それは、せっせとドライフードで育てたイヌ達が次々と病気になり、
またアレルギーがひどかったり、薬漬けだったり、
毎日の食事の事、イヌの生活にとって大切な事、
そして、獣医さん選びの事、、
根本的に色んな事を考え直すきっかけを与えてくれました。


お店には、葉山店時代からたくさんのかわいいイヌたちが来てくれます。
みんなみんな、とっても愛されていて、その子たちの健康を願っている飼い主さんばかりです。
こんな小さなお店に通って下さるイヌや飼い主さんへお返しできる事は、
先代の犬たちが教えてくれた事を伝える事、
健康でいてくれる事のお手伝いぐらいかな、と思っています。

その健康の元を、先入観なしに、
正しく知って欲しいと真剣に思います。


時代時代で、解明されり、進化していたり、
昔はヨシとされていた事が批判されるべき事だったり、
と、、歴史も医学も考え方も変わっていきます。

今は馬の生肉食がbestだと思っていますが、
これも変わってしまうのかも知れません。

でも、根本的な所から知る事で、
臨機応変に柔軟に対応できる飼い主さんにはなれると思います。



人の心を癒してくれるイヌネコが大好きです。




IMG_0156.jpg




こうして、
温かい家庭で美味しいご飯を食べていられるイヌネコたちと
同じイヌネコなのに冷たい床で殺処分されている子たちがいる現状も、
どうにかならないものかと、思ってしまいます。









スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Comment Form
公開設定

ƒ

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)